My appleII Notes-19

My appleII Notes-19

01/1/28 Update Information of Clear Light
01/1/17 Clear Light Superstar Computer

 

米国のオークションで購入し、船便で忘れた頃やってきたマシンは、今までのどのApple II Plusとも似ていないマシンだった。このマシンの特徴を紹介する。
このマシンの情報を求めたら、すぐにスコップさんから開発者Eric C. Andersonさんのホームページにある開発ストーリーを紹介していただいた。ホームページにあった情報と、メールでEricさんに直接コンタクトして教えていただいた話を含めてNotesを改訂した。それにしてもこんな情報を御存じのスコップさんの博学には(いつもながら)脱帽である。(文字の色がオレンジ色の部分がUpdate Information)

Cleat Light/Superstar


到着した構成は、Apple II Plus 本体、Disk II 2台、Disk IIカード、パラレルインターフェースカード(推定)、用途不明のカードである。特徴は、色がグレイの塗装であること、ロゴにClear Star/Superstarと記述があり、下部にapple computer inc.のロゴが入る。いままでにこんなマシンは見たことがなく、オークションでも掲載されていた画像がピンぼけで、純正品か否かわからなかったが、到着したら異色のマシンだった。アップル社がBell & Howellのように、どこかの企業向けに製作したスペシャルマシンだろうか。

Eric C. Andersonさんは1946年生まれのエンジニアでRochester大学の電気工学を卒業後、MITに進みコンピュータ科学を学ぶ。1979年に創業者の一人としてボストンで、"Clear Light Productions"(のちに"Clear Light, Inc.に社名変更)を設立。教会でキリストの教えを説くためのスライドを使ったマルチメディアシステムを取り扱う会社としてスタートした。このシステムは6台のスライドプロジェクタと音声を使ったもので、Eric氏は、チーフエンジニアしてシステムの開発にあたることとなる。
このシステムは当初マニュアルからスタートし、トーン制御や紙テープなどを経てApple IIを使った制御システムが開発された。具体的にはApple IIから制御システム(dissolve system)にシーケンスの信号を送り、ここからプロジェクタと音声のコントロールを行うシステムを開発。
当時東海岸の教育市場で数多く出回っていた
Bell & Howell(BH)のシステムが、このマシンの設計の念頭にあったようで、Ericさんの解説によれば、BHとClear Lightの2つのみがプレートにAppleと自社の社名を入れた銘板を付けることが許された"Apple Co-branded"のApple IIシステムであるという。BHに対抗するため、グレイの塗装も考え出されたようだ。
アップルに正式に承認がとられたものかどうかは定かではないが、ある時アップル社はClear Light社を呼び、Co-brandingを止めるように迫ったが、Clear Light社が、ネームプレート製作費用$1100を要求したらそれ以降クレームが無かったとのエピソードが紹介されている。
BHはアップル社自らが米国東部とカナダの教育市場に向けてBH社と共同で開発した戦略マシンだが、このClear Light社のSuperstarシステムは、そのような成り立ちとはことなり、アップル社とは関係のないベンチャー企業がApple II Plusをベースに開発したマシンを独自のブランドで販売したものと考えられる。


キートップはBell & Howellと同様の黒で、Serial No.A2S2-555268。AppleII Plusの後期モデルのラベルが背面につく。グリーンの色をしたラベルのデザインからこのモデルは、1981年〜1982年製と推定される。(My apple II Notes-2参照)
基盤はRFIの印字がある基盤で、ラベルから考察した製造時期と基盤はマッチングするので、特に大きな改造が行われたとか、入れ替えが行われた形跡はない。電源もASTEC製のゴールドカラーのもので、この時期に使われたごく一般的なものである。
Ericさんのホームページによれば1983年中に各所のトレードショウでデモしたとあるが、1983年の1月にはApple IIeが発売になっていること、べースとなったマシンがApple II Plusの後期のマシンであることから、1982年を中心に販売されたのではないか。

Disk II Special Model

Disk IIも本体と同様ケーシングにグレーの塗装が施され、全面には写真のように特別なレタリングが施された化粧版が施されている。どのような経歴を辿ったマシンか定かではないが、本体、デスクIIとも20年の経年化は感じさせず、たいへん良いコンディションである。
Disk IIで特別な点は、背面のお馴染みのラベルが無いこと、ゴム製の足も丁寧にグレーに塗装されている点である。

本体もDisk IIもApple社から完成品を購入し、あとからグレイの塗装を施し、特注のネームプレートを張り付けて独自のブランドとしたもののようだ。このため、グレイの塗装の邪魔になる背面のラベルが剥がされたようだ。

Cards & Instruction Memo


上のカードはSSM Microcomputer Products INCのAPPICとロゴのあるカード。ケーブルの形状からみてパラレルインターフェースカードではないかと推定される。下はDisk IIカード。特に変わった点はない。

左のカードは用途不明のカード。2つのケーブルの先にはDINコネクタが備わる。

上蓋には
  Every tray in#1
  hit RETURN to boot
  Enter time & date
  Main Menu E
  File name MY KIND of LIVING, D2
  Move cursor to Line 16 (GSTART)
  Hit R
  Check Projectors #1 and power
  Start Tape, count down must be MINUS
とのメモが記述されている、プロジェクタとシンクロさせてテープを動かすためのソフトウエアのためのインストラクションのようだ。
このマシンにはハンドアセンブルで作られたリアルタイム、マルチタスクOSが添付されていた。64Kのシステムメモリーでは不足する部分を補うため、DOS3.3にオーバーレイシステムを組み、その都度ディスクからファイルを読み込んで実行するシステムとの事だ。このためRWTS (Read Write, Track and Sector)サブルーチンをメモリに常駐させる設計としたようだ。
Ericさんに日本で動かしてみたいとレターを出してみたが、以下ような返事が返ってきた。
・Ericさん御本人はもうこのシステムをお持ちではないこと。
・ソフトウエアには、シリアル毎にプロテクトがかかっており、動くソフトウエアを2セット用意して、シリアルプロテクトの部分をさがし出して修正が必要なこと。
・動かすには、特別なdissolveユニット、プロジェクタ、テープレコーダなどの機材が必要なこと。

米国ではまだこのシステムを使っておられる方がいるようなので、今後も情報を集めてみたい。

Ericさんはその後、1987年にApple Computer社へ入社し、Apple IIのVideo Overlay Cardのプログラムの開発や6502の命令セットをARMチップで置き換えてエミュレートするプロジェクト(開発途中で中止)、660や840AV Mac用のチップの設計に携わったようで、現在はFlashPoint Technology、Inc.という会社を作りデジタルカメラ用のOSの開発を行っている。

参考:Eric's Page http://www.2live4.com/eric.htm