Bell & Howell AppleII Plus-1

Bell & Howell AppleII Plus

8mmビデオカメラ等音響機器で有名なBell & Howell社向けにApple社が特別に作ったAppleII Plus。前期型(ノーマルのII Plusと同一モデル)と後期型の2種類がある。


BH FRONT LOGO

フロントにはMADE EXCLUSIVELY FOR BELL & HOWELL BY apple computer inc.のロゴがあり、当時の BH社とApple 社の密接な関係がうかがわれる。別名Darth Vader Modelと呼ばれている。


INSIDE BH APPLE II PLUS(前期モデル)

前期モデルは基本的に1979年秋に発表されたAppleII Plusと同一モデル。この機械は1995年の暮れにカリフォルニアのプログラマーから譲ってもらったもの。前所有者のクロゼットの中に10年近く幸運にも保管されていたもの。前オーナーによれば 1979年に友人(ソフトボールの仲間)から購入したもの。この記憶が正しいとすれば、Plus発売当初から同モデルは存在していたことになる。オリジナル箱、マニュアル付きだった。箱は普通のII Plusのもので、そっけなくB&H、48Kとスタンプされている。当時、B&H社はシカゴにAUDIO-VISUAL PRODUCTS DIVISIONがあり、東部を中心とした教育市場をターゲットとしていたらしい。


BH APPLE II PLUS(後期モデル)

1981年の夏に発売された。背面パネルにハンドルと一体となったオーディオ部を備える。オーディオ入力3、BNCビデオ出力2、ヘッドフォーン端子、AUX電源端子3が装備されたAV仕様となっている。ゲームパドルの端子も通常のマシンの様に内部ではなく、サイドにDIN端子で接続されるようになっている。

オーディオ部はアップル社の通常の製品とは異なるヘビーデユーティな印象を受けることから、Bell & Howellの設計、製造であると思われる。このマシンは学校関係の放出品を購入。


前頁へ戻る 次頁へ進む