My appleII Notes-15

My appleII Notes-15

00/12/1 Apple II:最初のカタログ、最初の雑誌広告


  最初の広告:BYTE 1977年6月号

最初のApple IIに関する雑誌広告は、BYTE誌1977年6月号に登場する。その年の4月16日、17日にサンフランシスコのシビックオーディトリアムで開催された第1回ウエストコースト・コンピュータフェア(WCCF)でデビューしたApple IIは、そのマーケティングをレジス・マッケンナ・エージェンシィにゆだねる。多くのハードウエアの広告が掲載されている当時のBYTE誌の中でも、「ダイニングキッチンで料理をする婦人の傍らでコンピュ−タを使う」写真を大きく取り入れたアップル社の広告は印象的である。

レジス・マッケンナ社の広報戦略

  最初のカタログ:1977年4月刊
 (Brochure-1参照)

Apple II関連サイトを調べていたら、初期の広告、初期のカタログに関して、元レジス・マッケンナ社の社員で、永年Kelly Adversiting Companyという広告会社を経営してきたKellyさんという方のまとめた面白いエピソードを見つけた。内容は、以下のようなものである。

・レジス・マッケンナ社は、1977年のはじめ頃にウォズとジョッブスの訪問を受け、Apple IIのプロトタイプによりカラーのLifeゲームのデモにより、このマシンに可能性を感じた同社は、アップル社の広報戦略を受け持つこととなる。
・最初のミッションは、4月16日から開催される第1回WCCFのためのパンフレットと広告を作ること。
・それまでのロン・ウエィンがデザインしたロゴに代えて、レジス・マッケンナ社のアートディレクター、ロブ・ヤノフは林檎をひとくちかじったマークをあしらったロゴをデザイン。 最初はモノクロだったが、ジョブスが、Apple IIのカラー出力を印象つけるため、カラー化を指示。6色の横縞が追加される。
・レジス・マッケンナ社はパンフレットと広告を製作。第1回のWCCFに少し遅れて到着したパンフレットは印刷されたばかりでまだ湿っていた。

差しかえられた広告写真

  BYTE誌:1977年12月号
・最初の広告はBYTE誌に掲載されたものだが、ジョブスはオレゴン州住在の女性から抗議の手紙を受け取る。内容はこの広告がセックスを連想させるというもの。
(モニタの前で女性がコントローラを握り、男性が女性に向かって指を指している部分が抗議の対象になったらしい。)
・このためほどなく、広告の写真はモニタに向かって仕事をする二人の男女の写真に差しかえられた。ちなみに手前側でモニタに向かっているのが、当時レジス・マッケンナ社の社員だった若かりし日のKelley氏であるという。


 (写真右の手前の男性がKelly氏)


BYTE誌の広告その後

BYTE誌の2ページの見開き広告はその後も続くが、78年7月には新しいレイアウトのものに置き換えられる。当初、ホビイストのコンピュータから、家庭用電化製品"Home Computer"を指向したApple IIは、そのマーケティング戦略が時期尚早であることを知り、"Progrramable Caluculator Market"を重視することとなる。このため、広告戦略は、"Home Computer"から"Personal Computer"へウエイトが置かれたものとなった。

78年7月には、Disk IIドライブが登場し、Apple IIの周りには、Red BookやBlue Bookといったマニュアル類が見うけられる。製品発売後1年を経て、ソフトウエアやマニュアルが充実してきたことがこの広告からも見てとれる。


 BYTE 1978年7月号


参考資料 Kelly Advertising and Marketing "Birth of an Industory 1976-77
     (http://kelleyad.com/index.html)
     Dune's Apple][ Page
     (http://www.kotoba.ne.jp/~dune/index.cgi?k=ap2)