Apple IIc-4

MOUSE IIc

IIcのマウスはホワイトカラーを予想するが、MacintoshやLisa同様ベージュカラーであった。マウスは頻繁に手にふれる必要があることから、設計者がホワイトカラーを嫌ったのかも知れない。ただし、このIIcマウスは他のNon-ADB仕様のマウスと比較しても相当個性的である。まず、表面仕上げが滑らかでつるつるしている。また、マウスボタンの形状や本体のシェイプも微妙に異なる。普通は長方形の凹みを作り、その中で凸状になっているアップルマークも写真の通り、輪郭を細いみぞで表現している。多くのマウスの中でなにか少しへんなマウスがあれば、それが初期のIIc用マウスである。IIcマウスもIIc Plusの時代になるとケースの色にあわせてプラチナカラーとなり、外観もおなじみのものになった。

下の写真はNon-ADBマウスを私の予想する製造年代別に左から並べてみたもの。左からIIcマウス初期型(米国製、色:プラチナ)、ベージュMac用(米国製、色:ベージュ)、プラチナMac用(マレーシア製、色:プラチナ)、Apple Mouse IIc(米国製、色:プラチナ、IIcマウス(後期型))、Apple Mouse IIe(米国製、色:プラチナ)。裏のねじが1つのものと2つのものがある。生産地の違い等もあり、製造年次と設計の変遷の関係は必ずしも一貫していないという説もある。いずれにしても、並べて、比較して、想像してみることは楽しい。


JOYSTICK IIe, IIc

ジョイステックも初期のものはマウスと同様に初期のものはベージュカラー、後期のものはプラチナカラー。このプラチナカラーのマウスは原田義也氏所有のもの。初期のものと後期のものでは色の他、コネクタのデザインが異なる。初期のものが、ベージュカラーのApple IIe とのマッチングを考慮したものと思われるのに対して、後期のものは、プラチナカラーになった晩年のIIe(テンキー付き)やIIc Plus とのコーディネーションが図られている。


HAND CONTROLLER IIe, IIc

Hand Controller IIe and IIc。これもIIeと共用でベージュカラーである。マウスやジョイステックの例にならうとプラチナカラーのものが存在することになるが、未確認である。時代はゲームパドルからジョイスティック、マウスと進み、両手が塞がれてしまうハンドコントローラは時代遅れになり、プラチナカラーのものは発売されていないという可能性がある。(Peripheralの項参照)


前頁へ戻る 次頁へ進む