My appleII Notes-9

My appleII Notes-9

99/11/27 Superbowl Padを眺めながら

1985年のスーパーボウルのスタジアムで使われたApple Logo入りのパッドが届いた。一枚のクッションを眺めながら、歴史や由来を調べてみた。

このパッド、大きさは、33Cm×33Cm、厚さ4Cmで、ポリエステル製。中にはポリウレタン製のスポンジが収まる。表には大きなApple Logoと21と書いてある小さなシール。裏にはSuper Bowl XIX ,Stanford Stadium ・Stanford,California ・January 20, 1985の記載とNFL 1984というCopyrightがある。また、約40cmのマジックテープ付きのストラップがついており、1985年のスーパーボールの際に、スタジアムの椅子に使われたクッションであることがわかる。21のシールはシート番号だろう。

1985年(第19回)のSuper Bowlを調べてみると、1985年、1月20日に、スタンフォードスタジアムに、84,059人の観客を集め、サンフランシスコ・49ersが、 マイアミ・ドルフィンズ を38-16 で下し。勝利している。MVPはQBのジョー モンタナであることが分かった。

BMUG Apple Commercial Videotapeより

そういえば、どこかでアメリカンフットボールの映像をみたことがあることを思い出し、BMUG(Berkeley Macintosh User's Group)のApple社のコマーシャルを集めたビデオテープをチェックしてみたら、スーパーボウルのジョーモンタナが一瞬映っている箇所を見つけた。アップル社のCMといえば、その前年のスーパーボウルで放映された1984が有名で、この画像も、1984年のものと思い込んでいたが、改めて良く見ると、 1985年のものだったことがわかった。


ちなみに、1984年の第18回スーパーボウルは、84年1月22日に タンパスタジアムで72,920の観客を集めて行われ、ロサンゼルス・レイダースがワシントン・レッ ドスキンズを 38-9 で下している。 MVPはロサンゼルス・レイダースのランニングバックの マーカス アレンだった。

Apple Computer 社CM "1984"より

1984年と、1985年のスーパーボウルにおけるMacintoshのコマーシャル放映にあたっては、Owen.W.Linzmayer著のThe Mac Bathroom ReaderとApple Confidential ( My apple Notes-6参照)に詳しい記述がある。概略は以下の通りである。

・Appleの広告代理店Chiant/Datは1982年、The Wall Street Journalに載せる企業広告のキャッチコピーとして企画。
・CMは1984年1月のスーパーボウルで放映することを決定。
・フィルムはブレードランナーで知られるリドリー・スコット監督が1983年9月にロンドンのシェバートンスタジオで作成。
・取締役会では極めて不評。
・1984年1月22日のスーパーボウルの第3クオータ開始早々、9600万人の視聴者に向け、60秒枠を使って放映、全米で、大反響を呼ぶ。

Apple Computer 社CM "1984"より

・"And you 'll see why 1984 won't be like 1984"という有名なキャッチ コピーはジョージ・オーウエルの代表作1984の描く全体主義的な未来像への挑戦と言われている。


・前年の成功に気を良くしたApple社は、"Macintosh Office"キャンペーン展開の一貫として、前作同様、Chiat/Dayのクリエイティブチームをに再び話題性のあるコマーシャル作りを依頼。
・監督は、前年同様、リドリー・スコットとしたかったが、スケジュールの都合がつかず、兄弟のトニー・スコットを起用。
・その結果出来上がったのが、暗いトーンの60秒コマーシャル「レミングス」。目隠しされたビジネスマンが右手にブリーフケースを持ち、左手を前をいく仲間の肩におき、ゲーム「レミングス」のように次々と崖から飛び下りていく、そして最後の一人が崖淵で目隠しを外し、死のダイビングを思いとどまるといった内容。

Apple Computer 社CM "Lemmings"より

・アップル社は、この広告を第4クオータに放送することを新聞発表。コピーは、"If you go to the bathroom during the forth quater, you'll be sorry"。
・スティーブ・ジョッブスとジョン・スカリーはスタンフォードスタジアムに自ら出向き、最前列でスーパーボウルを観戦。
・アップル社は、この広告のために、スタジアムに巨大スクリーンを設置し、この試合のために座り心地の悪いことで知られる座席にAppleのLogoを配した柔らかいクッションを配した。

予想に反し、スタジアムでハーフタイムに上映されたレミングスも、第4クオータに全米に向けて放映されたCMも前年のような反響をえられず、このキャンペーンは失敗だったと評価されている。

これらの経緯を辿ると、私の手元にあるこのクッションは、この時、約10万枚製作されたといわれるクッションのうちの一枚ということになる。1985年の年次株主総会で、未完成のMacintosh Officeがジョッブスとスカリーにより華々しく紹介されたのは、それから2日後の1985年1月24日のことである。

Apple Computer " So Far "より