My appleII Notes-4

My appleII Notes-4

99/6/12 BH Apple II Plus (Darth Vader Model)

5/29〜30にNiftyのFAPPLEフォーラム+αのオフラインミーティングで新潟県柏崎市へ行ってきた。今回集合したメンバーは、現地集合のメンバーを含めて11人。平成7年から始まり、平成8年、平成9年、そして今回と4回目になる。

鯨波という日本有数の海水浴場に隣接した宿に様々なマシンを持ち寄り、デモや情報交換をしたり、のんびり温泉につかり、美味しいものを食べ、深夜まで酒を飲みながら語りあかしてきた。今回は、参加人数も最大で、初対面の方もいて、AppleIIやCompact Macの様々な話題にとどまらず、環境問題や、Vintage Guitarなどなど幅広い話が聞けてとても面白かった。

帰りは白根市のスコップ(和泉)さんのところへお邪魔して、Apple IIのコレクションの数々を拝見して帰ってくるというのが恒例である。スコップさんは、ブルータスのコレクターズ特集や、Apple II Worldのホームページでも知られた方で、スコップ宅を訪れるたびに、そのコレクションの層の厚さと見識に脱帽する。 Apple II創世紀からのユーザーで、時代と同期して歩んでこられたせいだろう。その温厚な人柄と共に、氏の回りでは時間がゆっくり流れながら、貴重なマシンが集まってくるようである。

今回も短時間であったが、珍しい資料やハードウエアを堪能させてもらい、かつ写真に収めさせていただいた。

BACK PANEL

上と左の写真はBell & Howell Apple II Plus。Model No.A2S1048B、 Serial No.A2S3-001727。Bell & HowellブランドのApple IIは、Apple II Plus 発売(1979年秋)とほぼ同時に、東海岸の教育市場を中心に販売されたマシンといわれている。このモデルの愛称の"Darth Vader"は映画STAR WARSにちなんで命名されたようだ。和泉宅のこのマシンはシリアルNo.からみても初期のロットに相当するものだ。中の基盤は初期のApple II Plusに使われたRev.7のものであった。
帰ってきてから写真を見て気がついたが 、バックパネルの銘板の下には、"Ontario Hydro electrical approval"のステッカーが貼ってある。Ontario Hydro社はカナダの電力会社なので、このマシンはカナダで販売されたもののようだ。当時のBell & Howell社は米国東部やカナダでかなり広い販売チャンネルを持っていたようだ。(Bell&Howell AppleII Plusの項参照)

KEYBOARD

特に注目すべきはキーボード。Bell & Howellブランドのマシンはケースと同色の黒のキートップを備える。
初期のキーボードには基盤が一枚のみのもの(Aタイプ)と、エンコーダ基盤が分離したもの(Bタイプ)がある。外観上の相違点は、左下のPower ONランプにある。Aタイプは山形で上半分が白のプラスチック、下半分がキートップと同色。Bタイプは、矩形の白のプラスチックである。

私は、Plus以降のマシンのキーボードは全てBタイプだと思っていた。ところがスコップさんのマシンのキーボードはAタイプでPower ONランプの下部は丁寧にもキートップと同色の黒のプラスティック製だった。

左の写真は3種類のマシンのキーボードの比較である。

上:Original Standard Apple II
  キートップは茶色。タイプAキーボード。
中:Bell & Howell Apple II Plus (スコップさん所有品)
  キートップは黒。タイプAキーボード。
下:Bell & Howell Apple II Plus (私の所有品)
  キートップは黒。タイプBキーボード。

スペシャルマシンに特別のキーボードを細部にまでこだわって作ったApple社の技術陣にはこだわりが感じられる。まさに、フロントロゴにある通り"MADE EXCLUSIVELY FOR BELL & HOWELL BY apple computer inc.である。この黒のマシンがのちのNeXT Computerのデザインのベースになったことは衆目の一致するところであるが、このマシンにもSteve Jobsの好みが反映されていると見ることもできる。

スコップさんのところでは、アップル社の珍しいマニュアル類も写真に収めてきた。機会を見て紹介したい。

今回柏崎の宿に持ち込んだ機材と資料。上段左から、Platinum Apple IIe with superdrive、 PowerBook100、 AppleIIe、 Apple IIGS with transwrap、NextStation Color、NextCube 、Mac512 with Gemini、 Apple IIJplus、 Apple IIcplus、 Laser128、アスキー創刊号などなど。

特に打ち合わせをしたわけでもないのに、これだけのバラエティのある機材を持ちこむことができたのは、参加者のあうんの呼吸の協力のたまものである。今回初めて参加された山村氏は、今回のオフに強い印象を受けられた様子で、御自身の運営するVintage Guitarのホームページに加えて、Apple II Beginnersというページをお作りになった。柔らかい印象のするページである。 Apple IIの輪が少しずつ広がっていくのはたいへん嬉しい。