Apple IIGS Upgrade

APPLE IIGS UPGRADE

Apple IIeからアップグレードされたIIGS。Apple IIGSは1986年9月15日に発売された。GSはGraphics and Soundで、文字通り従来のIIシリーズに比べて機能強化された。Microprocessorは16-bit 65C816、1MBのRAMを標準装備し、Ensoniq 32-oscillator digital synthesizer chipにより15音色の同時発生を可能としている。IIGSは、それまでのApple IIの伝統的なデザインから脱皮し、スクゥエアなプラチナ色のボディーを持ち、たいへん美しいバランスのマシンである。

一方、既存のApple IIユーザにはGS/OSをはじめとするGSソフトウエアの利用は不可能になった。このためApple社は従来のIIeユーザのためにアップグレードキットを用意した。このアップグレードキットは当初US$600で販売されたが、GSの販売価格がUS$999であったことからアップグレードをしたユーザーの数は少なかった。アップグレードキットは、ロジックボード、バックパネル、ロゴステッカーからなる。私の所有するIIeは7〜8年前にIIeからIIGSにアップグレードされたが、このときのアップグレードキットはボードのみ純正で、バックパネルはサードパーティのもの。ロゴキットはなかった。それ以降心掛けてはいたが、出物が見つからなかったので、そのままになっていた。最近、プラチナカラーのIIeからアップグレードされたジャンク品のIIGSを購入し、ベージュボディに取り付けて純正アップグレードモデルとしたものである。mint conditionのものを購入するのもひとつの方法だが、こうして時間をかけて純正品に仕上げるというのも楽しい。


APPLE II GS LOGO

上蓋のロゴステッカーがAppleのロゴが新しいロゴタイプになり、IIeの表示がGSに張り替え可能である。並べるとGSのデザインの方がシャープなものになっていることがわかる。

どちらかというと旧ロゴに愛着を感じるが、こういう小物までアップグレードキットに用意するのはいかにもアップル社らしい。

LOGIC BOARD

アップグレードを当初から考慮したのか、ベージュのボディで開発されたのか詳細は定かではないが、Logic Boardの大きさやケースとのインターフェースはIIeと同じ設計になっている。一方、IIGSのキーボードは外付けのADBタイプでありバックパネルのADBコネクタで取り合う設計であり、キーボード内蔵タイプのIIeとは異なる。

このため、アップグレードボードでは、通常のロジックボードと異なり、26ピンのキーボードコネクタとNumeric Keypadのコネクタを基盤上に備えているところがノーマルの基盤と異なる。ノーマルの基盤ではプリント配線はきているが、コネクタは付いていない。

UPGRADE IIGS BUCK PANEL

バックパネルはIIeとIIGSでは、背面の端子の設計が異なることから兼用出来ない。このバックパネルはIIeのケースに合う様に設計された専用のもので、背面のステッカーにもAppleIIGS Upgradeと表示されている。

IIe は晩年、enhanced IIeの機能を持ち、テンキーを備えたプラチナのマシンにデザインが変更になるが、ケースとバックパネルの取り合い寸法は同一なので、プラチナIIeもプラチナIIGSにUpgrade可能である。

前頁へ戻る 次頁へ進む