Apple IIc-6

CARRYING BAG

純正キャリングバッグ。デュポン社CORDURA NYLON製。IIcと電源、マウスを別々に収納できるよう仕切られている。上ぶた内側にはネットがありソフトウエア等を収納可能。アップルロゴが左上に斜めに配置されているのが特徴。色はブルーがかったグレイでなかなかお洒落である。

IIcの重量は3.4キロ、大きさは約29.2×30.4×5.7cmであり、7つのスロットをはじめとする拡張性を犠牲にした代償として、持ち運びの便利さや使いやすさを優先している。写真は坂 伸一郎氏所有のIIc PLUSを収納したところ。IIc用のキャリングケースには他にCANON製のプラスチックケースがあり、IIc発売直後に販売促進用に配付されたらしい。


IIc MANUAL

1984年発売当初のマニュアル。アップル社のマニュアルとしては異例の赤表紙。写真のマニュアルは左上からSystem Utilities,Setting Up Your Apple IIC,Apple Presents theApple IIC An Interactive Owner's Guide,Apple IIC ImagewriterUser's Manual,Apple IIc Scribe User's Manual Guide to AppleIIcである。

Setting Up your Apple IIcのマニュアルには外箱やカタログでは顔の写っていないミステリアスな女性の顔が拝めるが、別人だという噂もある。この赤のシリーズ、他にIIc Mouseのマニュアルが確認されている。この赤のシリーズ、翌年の1985年には外箱共々、普通の白表紙のものに変更されている。コストがかかりすぎたのか、ビジネスユーザから不評だったのかは不明だが、カラフルで私はとても気に入っている。下の写真はIIcのマニュアルの変遷。左からIIc(1984年)、IIc(1985年)、IIc Plus(1988年)時代を経るにつれ、素っ気無いものになっていっているのがわかる。

IIc CATALOG

IIc のカタログあれこれ。上段左は発売当初のキャノン製カタログ。マニュアルと同じデザインになっている。上段右はUSA製IIc総合カタログ。1985年1月製。Scribe PrinterやFlat Panel Displayなどが紹介された資料は比較的少ないので、これは貴重な資料である。下段はキャノン製ソフトウエア紹介パンフレット。当時既にMacintoshが発売されており、AppleIIcはその性能ゆえに販売面では苦戦をしいられることになるが、このソフトウエアカタログはアトラクティブな構成になっており、販売にも力が入っていたことをうかがわせる。(Apple Printed Materials-4)、(My Apple Notes-11)


IIc LOGO ( Apple Lampel Pin )

アップルロゴを配したピンバッチ。左上からApple Works、IIc、IIe、6ColorLogo、AppleLink、MacOS、eMate。IIcの時代のデザイナーはロゴを斜めに配置するのが好みだったようであり、前述のバッグやソフトウエアのデスケット、T-shirtsなどにもこの斜め配列のロゴが使われている。ただし、傾く方向には決まりはなかったようで、右に傾いたり、左に傾いたりしている。

左下の写真は統合ソフトウエアAppleWorks。ワープロとデーターベース、スプレッドシートの機能がある。ディスケットのロゴに注目。赤をバックにアップルマークが白抜きで斜めに配置されている。AppleII用のAppleWorksはのちにCLARIS社に移され、パッケージデザインもお馴染みのそっけないものに変わるが、これは初期のもの。このパッケージにも当初のコンセプトに沿って人が登場する。
このシリーズには他に通信ソフトウエアのApple AccessIIや教育用ソフトウエアとしてApple LOGO IIcがありシリーズ化されている。いずれのパケージも人を中心に配したデザインとなっている。

前頁へ戻る 次頁へ進む