Apple Printed Materials
 Brochure-4

THE APPLE IIc PERSONAL COMPUTER

英文のApple IIc総合カタログ。Flat Panel DisplayやScribe Printer、Apple Modemなど珍しい周辺機器も含めて紹介されている。85年1月発行。中に紹介されているマニュアルも初期の赤のシリーズではなく、白表紙のもので、Hobby Useと並んで、Businessでの利用が強調されている。カタログやマニュアルで推察すると、84年から85年には大きなフィロソフィーの変更があったように見受けられる。Jobsの辞任は85年9月なので、JobsとSculleyの力関係の変化がデザインポリシーに影響を与えたなどという穿った推測をしてみたくなる。

USレターサイズ、10ページ、85年1月刊。


THE MACINTOSH OFFICE

IIc Personal Computer カタログとほぼ同時期に作られており、全体の雰囲気はたいへんよく似ている。1984年 はApple社にとってこんな年になる。1月24日年次株主総会の席上、 Macintosh、Lisa2を同時発表。4月サンフランシスコのモスコーンセンターにおける"Apple II Forever Conference"においてApple IIcの発表。Apple III開発中止。9月FatMac(512K Mac)発売。11月Apple IIの販売が200万台を突破。翌、1985年1月年次株主総会でLaserWriter、AppleTalkパーソナルネットワークを発表する。壇上にはJobsに続いてSculleyが登場、2人は右と左の2台のMacintoshに別れ、まん中LaserWriter、レーザー光線をAppleTalkに見立てたデモで喝采を浴びる。そんなDynamic Duoの時代のカタログである。Mac XLや"We'll even share offices with IBM"なんてタイトルをつけてIBM PCが堂々とNetworkに登場するのもこのカタログの特徴である。10年位前に神保町の古本屋で入手した。

USレターサイズ、18ページ、85年2月刊。


MACINTOSH PLUS BROCHURE

86年1月のMacintosh Plus発売に合わせて作成されたカタログ。その前年の85年はこんな年である。1月Macintosh Office発表、2月Woz退社、3月AppleIIe、Enhanced Model発売、4月取締役会がJobsの運営上の役割を剥奪、9月Jobs退社。
そんなゴタゴタの中で生まれたMacintosh Plusは1MBのメモリを持ち、4MBまで拡張可能、800Kディスクドライブ、SCSIインターフェースを備えるマシンであったが、CPUやディスプレイの基本性能は変わらず、技術的には大きなイノベーションが無かった。このカタログではネットワークとDTPなどビジネスに重心を置いた説明がされているが、2年前のOriginal Macintoshと比べると、カタログの表紙や内容も、マシンにも、パッケージや外箱にも精彩が感じられない。Jobs後のSculley体制の「趣味性よりコストダウンや性能向上」というマネジメントの意向に沿ったものだったのだろう。

USレターサイズ、86年1月刊、18ページ、M1127 CSR 3498。


MOST PEOPLE BUY AN APPLE IIe

Apple IIeのヒストリーは概略以下の通りである。
83年1月 IIe誕生 US$1,395
85年3月 IIe Enhanced Model導入
87年1月 IIe Platinum Model導入 US$829
92年秋  製品リストから削除
ベージュモデルが約4年、プラチナモデルが約5年という製品寿命は意外な印象を受けるが、教育市場でのニーズが長い間続いたことから、ホビーやビジネスの需要がMacintoshへ移行した後もプラチナモデルが長く製品カタログにあったということだろう。この間、90年4月にApple社は教育市場に対してMacintosh上でApple IIのソフトウエアを動かせる製品の提供を約束し、 91年3月にはLC上で動作するApple IIe Cardの販売を開始している。このカタログは86年刊で、表紙でもわかる通り、IIe Enhanced Model(ベージュ)の時代の最後のカタログだと思われる。カラーでの利用やSCSIハードディスク、3.5インチドライブ等が紹介され、この時点で2,780,833人のApple IIユーザーがいるとの記述がある。

USレターサイズ、12ページ、86年刊、A2F2201。


THERE'S A LOT TO BE SAID FOR OWNING AN APPLE IIc

1984年4月に発売されたApple IIcは、1988年9月のApple IIc Plusの発売によりその役割を終える。87年刊のこのカタログでは、表紙にカラーモニタと組み合わされたApple IIcをおき、ファミリーユースや教育用でのApple IIの使い道が紹介されている。見開きのページには、前述のIIeカタログと同じようなレイアウトで、世界中の人々とApple IIのかかわりがスナップ写真で紹介されている。この時期、Apple社はApple IIの10周年記念誌"SoFar"のために世界中にカメラマンを派遣し、人とコンピュータというコンセプトで写真を撮ったもののようだ。
周辺機器も比較的丁寧に解説されているが、表紙に使用されているコンポジット入力のカラーモニタのケースの色はプラチナカラーで、IIc本体のスノーホワイトとミスマッチである。モノクロには9"の素晴らしいデザインのモニタを用意したのに、専用のカラーモニタは、初期の一時期を除きスノーホワイトカラーのモニタが用意されなかった点にはどうも納得がいかない。

USレターサイズ、11ページ、87年1月刊、A2F4009。


前頁へ戻る 次頁へ進む