Books/History,Biography-6

ON THE FIRING LINE: MY 500 DAYS AT APPLE
アップル薄氷の500日

ギル・アメリオはロックウエル・インタナショナル社の社長、ナショナルセミコンダクタ社のCEOを経て、96年初頭から97年夏までアップルコンピュ−タの社長兼CEOを努めた人物。本書であは、アメリオのCEO就任から辞任までが、フランクに、克明に描かれている。アップルの身売り騒動のてん末、NeXT社買収の経緯などいくつもの重要なエピソードの内幕が暴露されており、1996年から97年にかけてのアップル社を分析には欠かせないだろう。なによりも面白いのはアメリオの素直な語り口で、スカウト時のきっかけ、金銭的な条件、辞職時の金銭的交渉の経緯、スティーブ・ジヨブスに対する思い等が克明に描かれている。企業買収やスカウトがあたりまえの米国だが、「企業のCEOが受け取る金銭報酬は、有名スポーツ選手やTV局の司会者と同じで、いくら出せば本人がやる気になるかが基準」などと表現されると、米国と日本の企業や経営者の風土が大きく異なっていることをいまさらながら思い知らされる。

左の写真は米国初版。6色リンゴを頭の上にのせたアメリオを描き、文中に使われるリンゴのイラストも、両側がかじられているといったようにちょっとくだけた構成で、アメリオの人柄や、本書の軽妙(?)なタッチによく合致していると思う。
一方、日本語版は、"On The Firing Line"を「薄氷の500日」と訳し、氷(?)づけのリンゴを表紙にあしらって真面目なビジネス書に仕立てている。日本語版には主な登場人物のプロフィールや、巻末には94年10月から98年7月にいたる詳細な関連年表があり、読者の理解を助ける工夫がされており、親切な構成になっている。

アップル薄氷の500日、Gil Amerio、William L. Simon著、中山宥訳、1998年8月刊、ソフトバンク、433ページ、A5版。
On The Firing Line My 500 Days at Apple、Gil Amerio、 William L. Simon著、1998年刊、HarperCollins Publications, Inc.、298ページ、B5版。


APPLE THE INSIDE STORY OF INTRIGUE, EGOMANIA, AND BUSINESS BLUNDERS
アップル 世界を変えた天才たちの20年

原書のタイトルは直訳すれば『アップル−陰謀、傲慢、経営的失策の内幕』で、歴代CEOや経営者、従業員など160名以上のインタビューを通じてアップル・コンピュ−タの今日に至る歴史を再構築している。筆者のジム・カールトンはサンフランシスコ住在のテクノロジ−分野担当記者で1993年から徹底取材を開始したとある。93年6月17日のスカリ−解任で幕をあける本書は、スカリ−、スインドラ−、アメリオ、ジョブスと続く98年夏頃までのアップル社の内幕を中心に、これらに至る20 年の歴史を織りまぜた構成になっている。
例えば85年のウインドウズへのGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)ライセンス供与に関わるアップルとマイクロソフトの合意に関しては、ゲイツとスカリ−の交渉経緯を軸に詳細に描かれており、この交渉成立が後にマックOSではなく、マイクロソフトウインドウズが世界標準として確立していく過程に与えた影響の大きさを知ることができる。

特に後半は、アメリオの著書『アップル薄氷の500日』と同じ時代を描いていることから、対比して読むとアメリオ側からの主張と、カールトンによる社外からみた状況分析の間にある相違が見えてきて面白い。
左は米国初版。米国初版は97年7月9日のアメリオ解任前(第16章)までのスト−リーに対し、日本語版では、その後の動きをフォローして、16章の終わりの部分が書き直され、17章が追加されている。17章ではiMac発表の98年5月までがフォローされている。アップル・コンピュータの栄光と凋落、そして復活の20年の歴史を知る上で欠かせない一冊である。

アップル 世界を変えた天才たちの20年 上・下、Jim Carlton著、山崎理仁訳、1998年9月刊、早川書房、上巻379ページ、下巻366ページ、A5版。
Apple The Inside Story of Intrigue, Egomania, and Business Blunders、Jim Carton著、1997年11月刊、 Randomhouse, Inc.、464ページ、B5版。


INFINITE LOOP
HOW APPLE, THE WORLD'S MOST INSANELY GREAT COMPUTER COMPANY, WENT INSANE

『なぜアップル社は世界一のめちゃめちゃすごいコンピュータ会社になったのか』という副題のつく本書は、アップル・コンピュータ社の創立からiMacの発売に至る同社のイノベーションを追いかけた20年を回顧し、なぜ、シリコンバレーでアップル社がパーソナルコンピュータ産業の先頭を走ってきたかを分析する。著者のMichael S. Maloneはシリコンバレ−の出身で、San Jose Mercury Newsの元記者。出版時点ではForbes ASAP誌の編集者。特に目新しい視点は見当たらないが、アップル社の歴史を辿る上では、時系列にきちんとまとめられており、巻末の索引や参考文献一覧等を含めて、百科辞典的な活用に便利な一冊である。『Infinite Loop』はジョブスの復帰、iMacの"Hello Again"にちなんでつけられたようだ。

Infinite Loop, How Apple, the World's Most Insanely Great Computer Company, Went Insane、Michael S. Malone著、1999年3月刊、 Randomhouse, Inc.、598ページ、B5版。



前頁へ戻る 次頁へ進む