Apple Related Luggages-1

APPLE II CARRYING CASE

Apple II用のキャリングケース。人工皮革製。内側モケット張り。タグはなく純製品かどうかは不明。取っ手の真下に直径7cm位のロゴマークが型押しされているが、持った状態ではロゴの上下が逆さになる。持った時より中に入るApple IIの向きを考えて、置いた時にバランスの良い方向を選択したためだろうか。

某氏のところにある同種のキャリングケースのロゴもこの方向であることを確認している。Apple II発売当時からこの種のキャリングケースは存在しており、同種のものが日本でも本郷のコンピュータラブ等で販売されていたようである。


ORIGINAL MACINTOSH CARRYING CASE

初期の128Kに合わせて発表されたOriginal Carrying Case。初期のカタログの表紙になっていることでも有名。私はこのキャリングケースを比較的最近入手したが、キャンバス地の材質、内側のモケット地の質感、ポケットの位置、大きさ等が128Kのために本当によく考えれれているのに感心した。しばらくしてから発売された我が日本のCANON製のバッグに比べると1984年当時のキャリングバッグに対するCultureや製造ノウハウの違いは歴然である。


CANON MACINTOSH CARRYING BAG

こちらはCANON製マッキントシュ用キャリングケース。こちらはPlus以降に発売されたため、オリジナルにくらべるとテンキー付きキーボードが収納できるようひと回り大きい設計になっている。Canon のロゴが全面にプリントされている。前項でオリジナルとの思想の違いを述べたが、このバッグ、DynaMacを購入してしばらくしてからずっと私の手元にあり、苦楽を共にしてきただけにこれはこれで愛着がある。


MACINTOSH PORTABLE CARRYING CASE

1989年発売のMacintosh Portable用専用キャリングケース。スリットの入ったウレタン製の芯に黒の布地がコーティングされており。型押しでスリットが入った凝った作りである。カラーリングと生地、デザインのコンビネーションで極めて高貴なイメージを醸し出している。

このバッグ欲しさにPortableを所有したくなる。ただし、Portableは御存じの通り重く、大きく、このBagでの持ち運びは容易ではない。特に取っ手が円柱のウレタン製でなんともいえないフィーリングである。付属のTagはポータブルのイメージイラスト入りである。

前頁へ戻る 次頁へ進む