Apple Related Luggages-2

 

OUTBOUND CARRYING CASE

Outbound Laptop System用キャリングケース。Outbound Laptop Systemは、ポータブルマシンでありながら、アップル社との著作権問題を避けるために、プラス又はSEの周辺機器と位置づけ、ROMを本体から抜いてLaptop Systemへ取り付けることにより、機能する設計になっていた。ポータブルとほぼ同時期の発表ながら、その大きさは遥かに小さく、軽く、この設計がその後のPowerBook 100の設計に大きな影響をおよぼしたという説もある。

デザインもカンガルーのマークを中心にバッテリーやこのバッグなどの小物に至るまで、一貫性がありかつ丁寧に作られている。このバッグはキャンバス製、ポケットがたくさんあり、電源パックやソフトウエアなど付属品が機能的に収められるようになっている。


POWER CD CARRYING CASE

Power CDをなぜこんなキャリングケースに収めて運ばなければならないかは不明だが、数年前に秋葉原で安価に売っていたのでカメラケースにでも...と考えて購入した。フロント中央に型押しで小さなアップルマークが入っている。今はOriginal Massage Pad一式を収めている。


MESSAGE PAD LEATHER CARRYING CASE

Newton Message Pad( Original, 100,110)用のレザーキャリングケース。Message Padとケースは簡単にかつ脱落しにくい設計としている。中に仕切りが1つあり、メモリーカード等が納められるように工夫されている。


POWERBOOK CARRYING CASE

ウエットスーツ状の生地で作られたパワーブック用キャリングケース。2400C又は3400C用に作られたと思われる。Duo等を運ぶ際のインナーケースとしても重宝なもの。

東京郊外のコンピュータショップで見つけて購入したが、販促用のバッグを販売していたのかもしれない。中央のロゴが大きく、堂々としていて楽しい。

前頁へ戻る 次頁へ進む