Apple Related Items-3

Apple Computer Cruise Ship Souvenir

時は1985年、アップル社はカリブ海クルーズを行った。このとき招待されたのは社員約150人。アニュアルレポートによれば、アップル社の社員は1985年当時、正社員が4,326人、臨時及び契約社員が325人。当時はまだ社員も少なかったが、それでも幸運にもクルーズに招待されたのは社員全体の3%に過ぎなかった。このミニュチュアシップ、ゴールデンクルーズ号はその時のお土産だというエピソードつきで前オーナーから譲っていただいたもの。船室の窓の部分にはデジタル時計がはめ込まれている。金属製、大きさ21cm×5cm×6cm。


KRAMER PORSCHE K3

QUARTZO社製ダイキャスト1/43スケールミニカー。1980年のルマン出場モデル。アップル社は、1980年に宣伝のためにクレマーポルシェのチームスポンサーになり、IMSAのレースに出場している。IMSAでの車体番号は9番だったらしく、多くの資料でこの9号車が紹介されている。このミニカーはルマン出場時のものをモデルにしており、車体番号は71番である。当時レースでの宣伝効果はあまりはかばかしいものではなかったようであり、アップル社の10周年記念本"So Far"の中ではスポンサーが1年で打ち切られたことが紹介されている。アップル社は、2〜3年前にも"Power Macintosh Racing Team"のスポンサーになったことがある。米国の友人からは「アップルアイテムはたくさん集めたが、みんなに譲ってしまった。ただ、バルーンとポルシェだけは本物を見つけたらぜひ知らせてくれ」なんて言われている。この2つは、数あるロゴアイテムの中で究極のコレクションアイテムだろう。


LIONEL TRAILER TRAIN & TRUCK

LIONEL社のシリーズの有名なトレーラトラック。LIONEL社は日本ではあまりなじみがないようだが、米国では古い歴史をもち大変人気のあるメーカ。現在のLIONELのシリーズに現存するかどうかは不明。Year Bookがあるようなので、今度きちんと調べてみる必要がある。

下も同じLIONEL社のTRAILER TRAIN。これは1997年製。O-ゲージ仕様。コンテナと台車はそれぞれ、別々に作られている。2連で、先頭車両のコンテナは、トラックのコンテナと同じもの。適当な先頭車両をつなげて見たいと思っている。このコンテナ、モデルになる程だから、実機が存在するのだろう。米国大陸鉄道やハイウエイを走る実物を写真に収めてみたいものである。

BUTTONS

EXPO等の合場で配られるButton型バッチ。米国スミソニアン博物館の展示にヒントを得て、壁にディスプレイしてみた。少し重い感じになるが、市販のオーク等でできたコレクションボックスに収めて壁にかけるとまた別の印象になるだろう。


STICKERS

ステッカーは集めて楽しいものの1つ。"apple computer"と頭のAが小文字になっているのが古いステッカーの特徴。販売店等にいって配っているのを見つけたら、または見たことのないものを売っていたら必ずもらって(購入して)くると良い。一度チャンスを逃がすとなかなかお目にかかれない場合が多い。


COLLECTION DISPLAY CASE

こちらはコンパクトマックの達人、坂 伸一郎氏のコレクションケース。家が近いのでいろいろ教えてもらっている。「新百合ケ丘エレクトリックパーツ」と呼ばれる基板や電源などが散見された部屋の整理をはじめられたと思ったら、こんなケースを見つけてこられた。トレイラーの寸法をベースに探されたのだろうか、時計や宝石を陳列するガラスケースに入ったトレイラーやトラベルクロック、ポルシェ、128KMacのTape、タイピンなどLOGO ITEMSの数々を眺めるとおもわずニンマリしてしまうのは私だけだろうか。


前頁へ戻る 次頁へ進む