Cards-1

BASIC FIRMWARE CARD

スロット0 に取り付けて使用する。スイッチが後部についており、カード上のROMかマザーボード上のROMかの選択ができるようになっている。AppleSoft用とInteger Basic用がある。 


LANGUAGE CARD

16KRAMカード。BASIC FIRMWARE CARD同様にスロット0に取り付け、 RAMエリア左上端のRAMを1つ引き抜いたソケットに左側のケーブルの先についた端子を接続する。右端がF8ROM。ここにオートスタートROMが載る。PASCAL LANGUAGE SYSTEMが64KRAM必要であったので、本体の48Kメモリに16KRAMを追加するために使われた。上がUSA工場製、下がシンガポール工場製。Part No. 670-X006 。


MICROSOFT SOFTCARD

Z-80ソフトカード。CP/MのソフトウエアをApple 2上で動かすことが可能となる。


SILENTYPE PRINTER INTERFACE CARD

SilenType用インターフェースカード。カードにRS-422相当の9ピンコネクタが直付けされているのが特徴。Part No. 670-4014。


PARARELL PRINTER INTERFACE CARD

パラレルプリンターインターフェースカード。 DISKIIと同様の20ピンコネクタで接続するタイプ。 右側のJUMPER端子で設定を変更できる。セントロニクス準拠のAppleII Centronics Printer Cardはケーブル付きだった。
A2B0002:Standard Card
A2B0007:Centronics Card


APPLE II PARARELL INTERFACE CARD

パラレルプリンターインターフェースカード。こちらの方が新しい設計。26ピンのフラットケーブルで取り合い、設定は左上部のスイッチで行う様になっている。セントロニクス仕様兼用。Part No. 670-0021。


前頁へ戻る 次頁へ進む