Apple Related Items-1

APPLE LOGO LIGHTER

AppleIIを形どったテーブルライター。幅約80mm、奥行き約110mm、高さ約90mm。Appleのロゴが中央にあること、キー配列からOriginalIIまたはAppleII Plusの時代(1970年代後半から1980年代はじめ)に製作されたもののようである。

ライターの底蓋には、Comoy's of London, Japanとよく判らないシールが貼ってある。ロンドンのコモイという会社が日本でつくらせたものだろうか。全体のプロフィールはほぼ正確に作ってあり、カラーモニタと推察されるモニタは後部の形状も正確に表現されている。


COMMON STOCK

Apple Computer社の株券。これは1987年6月15日発行のもの。表紙にはOriginal AppleIIの写真と当時のCEOのスカリーのサイン。最近の株券は、デザインが異なる。日本でもアップル社の株券は外国株として入手できるが、保護預かりとなって株券は入手できないようである。米国には、各社の株を1株単位で株主として登録してくれる会社がある。この株券(額面1株)は米国の女性から入手したが、Historyを教えてくれと頼んだら、「浪費家の叔母が祖母の遺産の代りに置いていったもので、私にとってはちょっと悲しい思い出のあるもの」との返事が返ってきた。


APPLE II CARD CASE

アップル2のロゴ入り名刺入れ。IIcの発 売直後に作られたらしく、ロゴは赤字に黒抜き、右に45°傾いている。The Apple IIのTheの意味は不明。Apple T-Shirts(POMO Publishing)によれば、アップルロゴを赤字に白抜きで表現したものもあり、角度も傾いていたり、まっすぐだったりケースバイケースである。


POSTER

Appleの初期ののポスターのシリーズには、黒字にAppleLogoをあしらったもの、パスカルの命令文をポスターにしたもの、そして気球をあしらったものの3種類が有名である。日本でも当時アップルを扱う代理店ではどこでも貼ってあったらしい。左上のポスターはパスカルの命令文を図案化し、ポスターにしたもの。1979年製。左下には作者のサイン("Kamifuji"と読める)とパーツNo.(030-0111-00)が小さく印刷されている。大きさは86.5cm×56cm。

左下は湖に有名な気球をバックにしたもの。この気球は、宣伝用に創業当時のアップル社の社長マイク・スコットにより製作されたもの。マイク・スコットはマイク・マークラが1976年にアップル社に参画したときにフェアチャイルド・セミコンダクト社から招聘した生産部門のエキスパートで実務派の社長。アップル社の歴史を語る時には欠かせない人物だが、派手好きでもあったらしい。この気球をあしらったおもちゃも当時あった。1981年のAnnual Reportの表紙もこの気球。数々のイベント等で活躍したようである。大きさは90cm×60cm。

前頁へ戻る 次頁へ進む